CLOVER🍀

That was when it all began.

JJUG CCC 2015 Springに行ってきました

4/11に、ベルサール新宿グランドで行われた、JJUG CCC 2015 Springに行ってきました!

JJUG CCC 2015 Spring
http://www.java-users.jp/?page_id=1647

セッション一覧は、こちら
http://www.java-users.jp/?page_id=1661

自分にとって、コミュニティ主催(って言ったらいいんでしょうか…)のイベントや勉強会の類に、初めての参加となりました。

聞いたセッション

雰囲気とか全然わからなかったので、とりあえず頭から全部聞いてきました。参加したセッションは、こちら。

午後のセッションは、1、2、4、5で聞きたいものが被りまくっていて、また聞こうと思っていたものも参加者が殺到していたりしていて、この形に。

初めての参加なので、Javaに関する全体的な話が聞けそうなものと、Java EEを中心に考えたつもりです。

午後の参加セッションの感想を一言ずつ書いていくと、こんな感じ。

@kisさんのセッション(F-1 だれも教えてくれないJavaの世界。あと、ぼくが会社員になったわけ。)

「この方が、あの有名なきしださんなんだ…!」というのが、最初の感想です(そりゃそうだ)。基調講演での内容を少し緩めに話されていたような印象の内容でしたが、ご自身の今の仕事を選んだ理由が後半に重なるようにもできており、身の振り方的なところも考えさせられるところがありました。

@suke_masaさんのセッション(CD-2 はまる!JPA(初学者向けライト版))

個人的には、今回CCCで聞けて良かったセッションNo.1でした。JPA初心者向けのセッションということでしたが、基本的なこと、ハマりどころを丁寧に解説されていて、自分としては大変参考になりました!

@nagaseyasuhitoさんのセッション(AB-3 大規模な負荷でもドキドキしない為のJava EE)

JMeterを絡めた分散負荷テスト、JPAのスケールのさせかたについての話でした。JMeter、JUnitを使った負荷テストの部分は、ちょっと気になるところでした。後で調べてみようかな…。

@nahiさんのセッション(CD-4 『Embulk』に見るモダンJavaの実践的テクニック 〜並列分散処理システムの実装手法〜)

Embulkの紹介的なセッションな感じの印象を受けました。個人的には、並列分散処理のところが聞きたかったのですが、ほぼ触れられなかったので残念な感じに…。あと、なんかヤバいものが表示されましたが、大丈夫だったのかな…。

@jfluteさんさんのセッション(F-5 Lambdaでフレームワークは変わる、Java8専用DBFlute)

タイトルに反して、DBFlute自身の説明よりもライブコーディングを中心にJava 8を使ったAPI設計の考え方みたいなのが中心でした。Twitterでなんとなく聞いたことがありましたが、実際に目にしたEclipseでのコーディングがめちゃくちゃ軽快でビックリしました!

@johtaniさんのセッション(F-6 いろんなデータをKibana4で見てみよう)

Logstash、Elasticsearch、Kibanaを使ったログ分析のデモが中心のセッションでした。Kibanaの画面を見るのは初めてで、Elasticsearchへのログ投入のポイントなどが聞けて良かったです。あと、@johtaniさんには懇親会でも声をかけていただきました。

@kawasimaさんのセッション(F-7 JobStreamerではじめるJavaBatchクラウド分散実行)

参加しなければならない(ような気がした)、表向きはjBatch、主テーマはClojureのセッション。すべてはS式で書かなければならないそうです。コードも!スタイルシートも!Emacs以外の環境は不要!Clojure押せ押せでしたね。

参加してみて

実際に行くまでは、こういうイベントってやっぱり手元にPCないと参加しづらいのかなぁとか(ハンズオンは実際ムリ)、行って話についていけるのかなぁといろいろ思っていましたが、結果としては参加してみて楽しかったですし、会場で不安を感じることもありませんでした。

思い切って行ってみて、良かったです。

運営された幹事の方々、発表された方々、お疲れさまでした!そして、ありがとうございました!

懇親会は、チケット完売後に1枚譲っていただいて参加したのですが、こちらも参加できて良かったです。そのままの流れで、2次会にも参加させていただきました。予想外にいろいろな方とお話できました。ありがとうございます!

「ウォーリーをさがせ!」?

最初にも書きましたが、自分は今回初めてのJavaイベント参加となりました。

Twitter上ではある程度会話をさせていただいている方々もいらっしゃいますし、はてなダイアリーで趣味路線全開ですがブログも書いています。とはいえ、ブログを書いてもはてブがたくさん付くわけでもないですし、会場に行ってもあんまり人と関わらずに過ごすのかな?懇親会も、きっと傍から見ている感じになるのだろう、みたいな感覚でいたのですが…一部でえらいことになりました…。

午後のセッションが始まってから、TLでこういうことになりました。

どうしてこうなった…。

誰が都市伝説ですか(笑)。他には、ツチノコとまで言われましたよ。

まるで「ウォーリーをさがせ!」状態…。Twitterで会話させていただいている方々が中心に、「会って挨拶したい」と言ってくださる方々がいらっしゃって嬉しかったです。いやホントに、自分としては意外な反応で驚きました。

今回お話させていただいた方々、ありがとうございました。残念ながら今回はあまり話せなかった、もしくはご挨拶できなかった方々もいらっしゃいますが、スミマセン、またの機会にご挨拶できればと思います。

で、この後は?

未定…。また何かのイベントにはきっと現れると思いますが…。CCCはまた参加したいですね!