CLOVER🍀

That was when it all began.

WildFlyの設定や操作、ログメッセージなどがまとめられているModel Referenceについて

これは、なにをしたくて書いたもの?

WildFlyのstandalone.xmlに定義可能な要素や属性、それからCLIで使う行う操作などがまとめられている
Model Referenceというものがあるのですが、たまに思い出そうとすると「どれのことだっけ?」となるので
メモしておこうかなと。

今回は、リンク等の紹介にWildFly 25のドキュメントを使います。

WildFly Model Reference

WildFlyのModel Referenceは、WildFlyのドキュメント内に含まれています。

WildFly 25 Documentation

ここですね。

WildFly Full 25 Model Reference

f:id:Kazuhira:20211204011132p:plain

Model Referenceを参照すると、standalone.xmlなどで馴染みのある要素名などが並んでいるのが見えます。

f:id:Kazuhira:20211204011341p:plain

サブシステムなどにも、どのような要素、属性などがあるかも確認できます。

f:id:Kazuhira:20211204011408p:plain

管理CLIなどで行う操作も載っていますね。

f:id:Kazuhira:20211204011529p:plain

あと、ページの末尾に以下の文で書かれたリンクがあるのですが

Log and Exception Message Code Reference

こちらを見ると、ログや例外メッセージの一覧を見ることがあります。

f:id:Kazuhira:20211204011602p:plain

知っていると便利だと思うので、覚えておきましょう。