CLOVER🍀

That was when it all began.

Ubuntu Linux 20.04 LTS/18.04 LTSにWineをインストールする

これは、なにをしたくて書いたもの?

Linux環境でWindowsアプリケーションを動かせるソフトウェアとして、Wineというものがあるそうです。

今回、このWineをUbuntu Linux 20.04 LTS、18.04 LTSにインストールしてみます。

WineHQ - Run Windows applications on Linux, BSD, Solaris and macOS

Wine

もともとの名前は、"Wine Is Not an Emulator"だったそうです。

Wineは、LinuxやmacOS、BSDなどのOSで、Windowsアプリケーションを実行できる互換レイヤーです。
仮想マシンやエミュレーターとは異なり、Windows内部のロジックをエミュレーションするのではなく、Windows API呼び出しを
POSIX呼び出しに変換することで、他の方法に比べてパフォーマンスやメモリのペナルティを軽減しているようです。

Wine (originally an acronym for "Wine Is Not an Emulator") is a compatibility layer capable of running Windows applications on several POSIX-compliant operating systems, such as Linux, macOS, & BSD. Instead of simulating internal Windows logic like a virtual machine or emulator, Wine translates Windows API calls into POSIX calls on-the-fly, eliminating the performance and memory penalties of other methods and allowing you to cleanly integrate Windows applications into your desktop.

WineHQ - Run Windows applications on Linux, BSD, Solaris and macOS

Wikiページが、各種ドキュメントページへの入り口になっています。

WineHQ Wiki

使い方自体は、FAQを見ると良いでしょう。

FAQ - WineHQ Wiki

ドキュメントページ。

WineHQ - Documentation

ユーザーガイド。

Wine User's Guide - WineHQ Wiki

各種OSへのインストール方法への入り口。

Download - WineHQ Wiki

Ubuntu Linuxでのインストール方法は、こちら。

Ubuntu - WineHQ Wiki

Ubuntu Linux 20.04 LTSにWineをインストールする

まずは、Ubuntu Linux 20.04 LTSにWineをインストールしてみます。

環境は、こちら。

$ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Ubuntu
Description:    Ubuntu 20.04.1 LTS
Release:    20.04
Codename:   focal


$ uname -srvmpio
Linux 5.4.0-62-generic #70-Ubuntu SMP Tue Jan 12 12:45:47 UTC 2021 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

こちらは簡単で、このページに沿って進めていけばOKです。

Ubuntu - WineHQ Wiki

32bit アーキテクチャを有効にして

$ sudo dpkg --add-architecture i386

リポジトリのキーを追加。

$ curl -fsSL https://dl.winehq.org/wine-builds/winehq.key | sudo apt-key add -
OK

リポジトリを追加して

$ sudo add-apt-repository 'deb https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ focal main'

インストール。

$ sudo apt install --install-recommends winehq-stable

完了です。

$ wine --version
wine-5.0.3

Ubuntu Linux 18.04 LTSにWineをインストールする

続いて、Ubuntu Linux 18.04 LTS。こちらは大変でした…。

環境。

$ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Ubuntu
Description:    Ubuntu 18.04.5 LTS
Release:    18.04
Codename:   bionic


$ uname -srvmpio
Linux 4.18.0-25-generic #26~18.04.1-Ubuntu SMP Thu Jun 27 07:28:31 UTC 2019 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

Ubuntu Linux 20.04 LTSと同じように進めます。

$ sudo dpkg --add-architecture i386
$ curl -fsSL https://dl.winehq.org/wine-builds/winehq.key | sudo apt-key add -
$ sudo add-apt-repository 'deb https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ bionic main'

インストール。

$ sudo apt install --install-recommends winehq-stable

ですが、こちらはインストールに失敗します。

パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
インストールすることができないパッケージがありました。おそらく、あり得
ない状況を要求したか、(不安定版ディストリビューションを使用しているの
であれば) 必要なパッケージがまだ作成されていなかったり Incoming から移
動されていないことが考えられます。
以下の情報がこの問題を解決するために役立つかもしれません:

以下のパッケージには満たせない依存関係があります:
 winehq-stable : 依存: wine-stable (= 5.0.3~bionic)
E: 問題を解決することができません。壊れた変更禁止パッケージがあります。

FAQにこんなのがあったので、こちらかな?と思いましたが

How do I solve dependency errors when trying to install Wine?

よーく見るとこちらのページに

Ubuntu - WineHQ Wiki

こんなことが書いてありました。

Ubuntu 18.04/Linux Mint 19.x do not provide FAudio, which is a dependency of current Wine. Follow the instructions in https://forum.winehq.org/viewtopic.php?f=8&t=32192 to install FAudio from the OBS. (FAudio packages for Ubuntu 19.10 and later are in the distro's universe repository.)

FAudioというものが足りないようです。

FAudio for Debian 10 and Ubuntu 18.04 - WineHQ Forums

自分でインストールする必要があります。以下の2つです。

Index of /repositories/Emulators:/Wine:/Debian/xUbuntu_18.04/amd64

Index of /repositories/Emulators:/Wine:/Debian/xUbuntu_18.04/i386

それぞれダウンロードして

$ curl -sLO https://download.opensuse.org/repositories/Emulators:/Wine:/Debian/xUbuntu_18.04/amd64/libfaudio0_19.07-0~bionic_amd64.deb
$ curl -sLO https://download.opensuse.org/repositories/Emulators:/Wine:/Debian/xUbuntu_18.04/i386/libfaudio0_19.07-0~bionic_i386.deb

インストール…しようとすると失敗します。

$ sudo dpkg -i libfaudio0_19.07-0~bionic_amd64.deb 
以前に未選択のパッケージ libfaudio0:amd64 を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 186820 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
libfaudio0_19.07-0~bionic_amd64.deb を展開する準備をしています ...
libfaudio0:amd64 (19.07-0~bionic) を展開しています...
dpkg: 依存関係の問題により libfaudio0:amd64 の設定ができません:
 libfaudio0:amd64 は以下に依存 (depends) します: libsdl2-2.0-0 (>= 2.0.8) ...しかし:
  パッケージ libsdl2-2.0-0 はまだインストールされていません。

dpkg: パッケージ libfaudio0:amd64 の処理中にエラーが発生しました (--install):
 依存関係の問題 - 設定を見送ります
libc-bin (2.27-3ubuntu1.4) のトリガを処理しています ...
処理中にエラーが発生しました:
 libfaudio0:amd64

依存関係が足りないと言われるので、インストールしようとするとこれも失敗します。

$ sudo apt install libsdl2-2.0-0 
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
これらを直すためには 'apt --fix-broken install' を実行する必要があるかもしれません。
以下のパッケージには満たせない依存関係があります:
 libfaudio0:i386 : 依存: libc6:i386 (>= 2.4) しかし、インストールされようとしていません
                   依存: libsdl2-2.0-0:i386 (>= 2.0.8) しかし、インストールされようとしていません
 libsdl2-2.0-0 : 依存: libsndio6.1 (>= 1.1.0) しかし、インストールされようとしていません
E: 未解決の依存関係です。'apt --fix-broken install' を実行してみてください (または解法を明示してください)。

apt --fix-broken installを実行しろと言っているので、指示通りやってみます。

$ sudo apt --fix-broken install

すると、インストールできるようになりました。

$ sudo dpkg -i libfaudio0_19.07-0~bionic_amd64.deb
$ sudo dpkg -i libfaudio0_19.07-0~bionic_i386.deb

ここまでやると、Wine自体もインストールできるようになります。

$ sudo apt install --install-recommends winehq-stable

入りました!

$ wine --version
wine-5.0.3

確認してみる

Wineをインストールすると.exe拡張子のファイルがWineに関連付けられるため、.exeファイルのアイコンをダブルクリックすると
Windowsアプリケーションが起動できるようになります。

試しに、サクラエディタを起動してみました。

f:id:Kazuhira:20210116004300p:plain

起動しました!

コマンドラインで起動する場合は、wineコマンドの後にexeファイルを指定します。

How to run Windows programs from the command line

$ wine sakura.exe

あとは、こちらを見ながら使っていけばよいでしょうか。

How to install and run Windows programs