CLOVER🍀

That was when it all began.

Ubuntu Linux 18.04 LTSに、Grafanaをインストールする

Ubuntu Linux 18.04 LTSに、Grafanaをインストールしてみます。

Grafana - The open platform for analytics and monitoring

DebianおよびUbuntuでのインストール方法は、こちらを参照します。

Installing on Debian / Ubuntu | Grafana Documentation

インストール方法は3つあり、debファイルからインストールする方法と、aptリポジトリを追加してインストールする方法、
それからtar.gzからインストールする方法。

それぞれ、やってみましょう。

対象のGrafanaのバージョンは、5.3.4とします。

debファイルからインストールする

debファイルからインストール場合は、シンプルにダウンロードしてdpkgコマンドで。

ダウンロードページは、こちらです。

Download Grafana | Grafana Labs

インストール。

$ wget https://dl.grafana.com/oss/release/grafana_5.3.4_amd64.deb
$ sudo dpkg -i grafana_5.3.4_amd64.deb

libfontconfigのインストールが必要になる場合があります。

aptリポジトリを追加してインストールする

aptリポジトリを追加してインストールする場合は、次のように。

$ sudo sh -c 'echo "deb https://packagecloud.io/grafana/stable/debian/ stretch main" >> /etc/apt/sources.list'
$ curl https://packagecloud.io/gpg.key | sudo apt-key add -
$ sudo apt update
$ sudo apt install grafana

tar.gzファイルからインストールする

tar.gzをダウンロードして展開。

$ wget https://dl.grafana.com/oss/release/grafana-5.3.4.linux-amd64.tar.gz
$ tar xvf grafana-5.3.4.linux-amd64.tar.gz

起動。

$ cd grafana-5.3.4
$ bin/grafana-server

この場合、各種ディレクトリの情報はこんな感じになります。ログ出力先や、設定ファイルの配置場所もこの中で
完結するようです。

$ ls -l
total 52
-rw-r--r--  1 xxxxx xxxxx 11358 Nov 13 12:21 LICENSE.md
-rw-r--r--  1 xxxxx xxxxx   108 Nov 13 12:21 NOTICE.md
-rw-r--r--  1 xxxxx xxxxx  4628 Nov 13 12:21 README.md
-rw-r--r--  1 xxxxx xxxxx     5 Nov 13 12:29 VERSION
drwxr-xr-x  2 xxxxx xxxxx  4096 Nov 13 12:29 bin
drwxr-xr-x  3 xxxxx xxxxx  4096 Nov 13 12:29 conf
drwxr-xr-x  6 xxxxx xxxxx  4096 Dec  2 13:25 data
drwxr-xr-x 12 xxxxx xxxxx  4096 Nov 13 12:29 public
drwxr-xr-x  5 xxxxx xxxxx  4096 Nov 13 12:29 scripts
drwxr-xr-x  3 xxxxx xxxxx  4096 Nov 13 12:29 tools

$ ls -l data
total 420
-rw-r--r-- 1 xxxxx xxxxx 409600 Dec  2 13:25 grafana.db
drwxr-xr-x 2 xxxxx xxxxx   4096 Dec  2 13:25 log
drwxr-xr-x 2 xxxxx xxxxx   4096 Dec  2 13:25 plugins
drwx------ 2 xxxxx xxxxx   4096 Dec  2 13:25 png
drwx------ 3 xxxxx xxxxx   4096 Dec  2 13:25 sessions

debファイルおよびaptリポジトリからインストールした場合の、起動停止やディレクトリ構成など

debファイルやaptからインストールした場合はsystemdやinit.dに登録されているので、管理が簡単になります。
また、ログの出力先や設定ファイルの配置場所も決まっているので、合わせて書いていきます。

systemdを使っている前提で。

有効化。

$ sudo /bin/systemctl daemon-reload
$ sudo /bin/systemctl enable grafana-server

起動。

$ sudo systemctl start grafana-server.service

停止。

$ sudo systemctl stop grafana-server.service

起動したGrafanaには、「http://[Grafanaが動作しているホスト]:3000」でアクセスできます。

f:id:Kazuhira:20181202221404p:plain

各種ディレクトリやファイルの情報は、インストールページに書かれています。

Installing on Debian / Ubuntu | Grafana Documentation

ログファイルの場所。

/var/log/grafana/grafana.log

環境変数を使った設定ファイルは、こちら。

/etc/default/grafana-server

データベースは、以下のディレクトリにSQLite3のファイルが置いてあります。

/var/lib/grafana/grafana.db

データベースを、MySQLやPostgreSQLに変更することもできるようですね。

Configuration / database

設定ファイルは、こちら。

/etc/grafana/grafana.ini

こんなところで。