CLOVER🍀

That was when it all began.

Sonatype Nexusを使用して、ローカルMaven/npmリポジトリを構築する

追記)
Nexus 3を使って、Docker Registryも含めたエントリを書きました。
Sonatype Nexus 3を使用して、PrivateなMavenリポジトリ、npm Registry、Docker Registryを構築する - CLOVER


今まで、自分のローカルMavenリポジトリはApacheを使って単にWebアクセスができる程度にしていたのですが、ちゃんとしたMavenリポジトリのツールを導入したいと思いまして。

また、npmで使うリポジトリも入れられるといいなぁとも思いまして。

こう考えた時に、候補に挙がるのは以下の2つです。

Sonatype Nexus

Artifactory

なんとなく、最近の情報を見ているとArtifactoryがいいのかな?と思っていたのですが、Artifactoryは対応リポジトリは多いのですけれど、OSS版だとnpmが使えない(Dockerも…)ので、今回はNexusにすることにしました。

ドキュメントはこちらです。

https://books.sonatype.com/nexus-book/index.html

インストール

それでは、Nexusをインストールします。

基本的には、以下の手順やドキュメントを参照しつつ進めていきます。

Installing and Running Nexus

Nexus Prerequisites

前提としては、JDK 7 or 8が入っていればいいみたいです。

Downloading Nexus

Installing Nexus

Nexusをダウンロードして展開します。

$ wget http://www.sonatype.org/downloads/nexus-latest-bundle.tar.gz
$ tar -zxvf nexus-latest-bundle.tar.gz

今回のバージョンは、「2.11.4-01」でした。

Running Nexus

実行は、以下のコマンドで行います。

$ nexus-2.11.4-01/bin/nexus start
Starting Nexus OSS...
Started Nexus OSS.

ログは、以下のディレクトリにあったりします。

sonatype-work/nexus/logs

サービスとして動作させる場合は、以下を参照すればよさそうですね。

Configuring Nexus as a Service

アクセスしてみる

Nexusにアクセスするには、Nexusを起動した状態で以下のURLにアクセスします。

http://localhost:8081/nexus/

右の方にログインへのリンクがあるので、とりあえずログインするには

admin / admin123

とユーザー名とパスワードをそれぞれ入力します。

現在のリポジトリ一覧は、左の「Views/Repositories」から「Repositories」を選択すれば見ることができます。

とりあえず、初期導入的にはここまで?

ローカルMavenリポジトリを作るにあたって、プロキシリポジトリを使う

で、自分はネットワーク構成の都合から、外部アクセスができない場所にMavenリポジトリを配置せざるをえないパターンが多いのですが、Mavenの場合は各種ゴールとローカルリポジトリの指定でJARなどを集め、それをApacheとかにポンっと置くような構成を取っていました。

これ、プロキシリポジトリを作って、それ経由で集めると少し楽だったり…(Mavenの場合はしないかもしれない…)。

というわけで、「Repositories」から「Add」を選び、「Proxy Repository」を選択してCentralに対するプロキシリポジトリを作成します。

CentralへのURLは、

https://repo1.maven.org/maven2/

ですね。

設定したら、Saveで作成。今回は、idを「proxied-maven-repo」としたので、アクセスするためのURLは

http://localhost:8081/nexus/content/repositories/proxied-maven-repo/

となります。

あとは、pom.xmlのリポジトリやプラグインリポジトリの設定に書いておけば、プロキシリポジトリ経由でアーティファクトをダウンロードしてきます。

    <repositories>
        <repository>
            <id>my-repo</id>
            <url>http://localhost:8081/nexus/content/repositories/proxied-maven-repo/</url>
        </repository>
    </repositories>

    <pluginRepositories>
        <pluginRepository>
            <id>my-repo</id>
            <url>http://localhost:8081/nexus/content/repositories/proxied-maven-repo/</url>
        </pluginRepository>
    </pluginRepositories>

この状態で、「mvn package」などすると、作成したリポジトリをプロキシしてアーティファクトをダウンロードしてきます。

この時、プロキシリポジトリ経由でアクセスされたアーティファクトがプロキシリポジトリにキャッシュされます。

$ ll sonatype-work/nexus/storage/proxied-maven-repo
total 52
drwxr-xr-x 12 nexus nexus 4096 Dec 20 13:29 ./
drwxr-xr-x 11 nexus nexus 4096 Dec 20 13:27 ../
drwxr-xr-x  2 nexus nexus 4096 Dec 20 13:27 .meta/
drwxr-xr-x  4 nexus nexus 4096 Dec 20 13:27 .nexus/
-rw-r--r--  1 nexus nexus   25 Dec 20 13:27 archetype-catalog.xml
drwxr-xr-x  8 nexus nexus 4096 Dec 20 13:29 com/
drwxr-xr-x  3 nexus nexus 4096 Dec 20 13:29 commons-cli/
drwxr-xr-x  3 nexus nexus 4096 Dec 20 13:29 commons-codec/
drwxr-xr-x  3 nexus nexus 4096 Dec 20 13:29 commons-collections/
drwxr-xr-x  3 nexus nexus 4096 Dec 20 13:29 commons-configuration/
drwxr-xr-x  3 nexus nexus 4096 Dec 20 13:29 commons-fileupload/
drwxr-xr-x  3 nexus nexus 4096 Dec 20 13:29 commons-io/
drwxr-xr-x  4 nexus nexus 4096 Dec 20 13:29 org/

これでもいいんじゃ?

npmのプロキシリポジトリを作る

今度は、npmのプロキシリポジトリを作成します。

npmリポジトリへのアクセスURLはこちらなので、

http://registry.npmjs.org/

参考)
registry | npm Documentation

こちらを設定したnpmのプロキシリポジトリを作成。Providerは、「npm」を選びます。

idは「proxied-npm-repo」としたので、アクセスするリポジトリのURLは以下となります。

http://localhost:8081/nexus/content/repositories/proxied-npm-repo/

これを「$HOME/.npmrc」というファイルの中に(なければ作成します)、以下のように記述します。

registry = http://localhost:8081/nexus/content/repositories/proxied-npm-repo/

この状態で、試しに

$ npm install -g gulp browserify

とかすると、Nexus経由でダウンロードが行われ、リポジトリ側にも以下のようにファイルが作成されます。

$ ll sonatype-work/nexus/storage/proxied-npm-repo 
total 928
drwxr-xr-x 230 nexus nexus 12288 Dec 20 13:55 ./
drwxr-xr-x  12 nexus nexus  4096 Dec 20 13:53 ../
drwxr-xr-x   4 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 .nexus/
drwxr-xr-x   3 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 JSONStream/
drwxr-xr-x   3 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 acorn/
drwxr-xr-x   3 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 amdefine/
drwxr-xr-x   3 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 ansi-regex/
drwxr-xr-x   3 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 ansi-styles/
drwxr-xr-x   3 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 archy/
drwxr-xr-x   3 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 array-differ/
drwxr-xr-x   3 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 array-filter/
drwxr-xr-x   3 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 array-map/
drwxr-xr-x   3 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 array-reduce/
drwxr-xr-x   3 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 array-uniq/
drwxr-xr-x   3 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 asn1.js/
drwxr-xr-x   3 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 assert/
drwxr-xr-x   3 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 astw/
drwxr-xr-x   3 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 balanced-match/
drwxr-xr-x   3 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 base64-js/
drwxr-xr-x   3 nexus nexus  4096 Dec 20 13:55 beeper/

〜省略〜

とりあえず、使えそうですね。

実際にNexus経由でダウンロードされているかを確認するには、以下のファイルを見るとよいと思います。

sonatype-work/nexus/logs/request.log