CLOVER🍀

That was when it all began.

Gaucheことはじめ

先日、書籍「プログラミングGauche」を購入しました。

プログラミングGauche

プログラミングGauche

Gaucheというのは、Lispの1種であるSchemeの処理系の1つです。とはいえ、自分はこれまでLispと呼ばれるもので触ったことがあるのはEmacs-LispとClojureだけなのですが、Lispの考え方とかはあんまりよくわかっていません。

実際、本を見ながら勉強したのはClojureだけなのですが、こちら長らく日本語書籍の出版も停滞していますし、これだけでLispを勉強するのは難しいかなぁと思いまして、Gaucheに手を出してみることにしました。

目標は、Lispがそこそこ書けるようになることと、(限定)継続の理解です。

では、まずインストールから。

Gaucheのインストール

公式サイトからGaucheのtar.gzアーカイブをダウンロードします。当方、Ubuntu Linuxを使用しているのでソフトウェアセンターから入手もできるのですが、バージョンがちょいと古いのでソースからインストールすることにしました。

Gaucheダウンロードページ
http://practical-scheme.net/gauche/download-j.html

この時点でのバージョンは「0.9.2」です。まだ1.0ではないんですね〜。

落としてきたtar.gzを解凍して、インストール手順に従いconfigure&make&make install。

$ tar -zxvf Gauche-0.9.2.tgz 
$ cd Gauche-0.9.2/
$ ./configure 
$ make
$ sudo make install

REPLを起動して、動作確認。

$ gosh
gosh> 1
1
gosh> "Hello World"
"Hello World"

OKっぽいですね。REPLを抜ける時は、(exit)と打つかCtrl-Dで。